モテたいなら即実践!きれいに胸筋をつける方法

モテたいなら即実践!きれいに胸筋をつける方法


たくましい胸の筋肉は女性にはないもの。
そのせいか、好きな男性の体のパーツとして胸筋をあげる女性は少なくありません。

どうせなら見た目が美しい筋力をつけ、魅力を倍増させましょう。女性受け抜群のきれいな胸筋をつける効果的な方法をご紹介します。

かっこよく見せるための胸筋とは

モテたいなら即実践!きれいに胸筋をつける方法

好みのタイプの男性として、頼りがいのある男性をあげる女性は少なくありません。
たくましい胸板は、タフな男性を容易に連想させてくれることでしょう。
服を着ていてもわかる体の厚みを出すには、大胸筋を鍛えるのが一番です。

大胸筋は単にたくましければいいというものではありません。
利き腕の方がどうしても太くなってしまうものですが、胸筋も偏ったトレーニングをすると左右どちらか側だけが小さいというアンバランスな体になってしまいます。
意識して均等に負荷をかけ、見た目のバランスが美しい肉体を手に入れましょう。

胸筋を鍛える簡単トレーニング

モテたいなら即実践!きれいに胸筋をつける方法

集中的にジムに通う方法もありますが、ここでは特別な道具を使わずに自宅で簡単にできる胸筋に特化したトレーニング方法を紹介します。
いずれの場合も、筋肉に軽い痛みを感じるまでゆっくりとしたペースで行うことが重要です。
〇回を〇セットという回数はあくまで目安ですので、回数をこなすというよりは出来る限り限界までトレーニングを行うことが効果的に筋肉をつける近道となります。

また、筋肉痛の際にはトレーニングをしても効果が出づらいということも覚えておきましょう。
断裂した筋肉が自己修復するときにたくましく太い筋肉となる特性があるためです。
筋肉痛の部位をさけたトレーニングを行うことで全身を効率よく鍛えることができますが、胸の筋肉だけを集中的に鍛えたいという場合には、痛みがおさまるまでいったん時間をおきましょう。

■ 腕立て伏せ
腕立て伏せは腕の筋力だけでなく、とバランスよく鍛えることができるトレーニング方法です。自重トレーニングの基本と言えるでしょう。
足から首までが一直線になるように意識して伸ばし、腕は体に近すぎないように置いて、体を下げたときの肘の角度が約45度になるように曲げることが理想のフォームとなります
最初は厳しいですが、正しいフォームで行わないとバランスのよい筋力はつきませんので注意しましょう。

■ 椅子や机を利用したディップス
平行に配置した二つの椅子や机の間に立ち、椅子や机に腕をかけて体を支えます。
足は邪魔にならないように交差して臀部の方へ軽く曲げてください。
肘が90度になるように体を下ろし、元の位置に戻る動作を繰り返します。

このとき、大胸筋に負荷がかかっていることを意識しながら10秒を目標に出来る限りゆっくりと行うと効果的です。ディップスは自分の体全体が負荷となりますので、かなりアグレッシブに大胸筋を刺激するトレーニング方法です。
まずは正しい姿勢で腕立て伏せの回数をこなせるようになってから始めることをおすすめします。

この2つのトレーニングは胸筋を鍛える上で基本とも言えますが、トレーニングにおいて基本を継続することは何よりも重要です。
今回紹介したトレーニングを続けて、夏本番を迎えるまでに理想の体へと近づいていきましょう!


この記事に共感して頂きましたら、いいねやシェアをお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加