今日から出来る! 自宅で出来る有酸素運動

男性の自分磨きで、まず最初に思い浮かぶのは「体を引き締めるための運動」という方も多くいらっしゃるでしょう。

中でも、体幹を鍛えられる有酸素運動は内側から脂肪を燃焼するので、男性の体つくりには欠かせない運動法と言えます。
そんな有酸素運動は、時間をかけて野外で行うのが一般的ですよね。
屋外でのトレーニングも大切ですが、自宅でできる有酸素運動を行うことで締まりのある体にグンと近づくことが出来るんです。

今回は、自宅で出来る有酸素運動を紹介します。

必見! 自宅でできる有酸素運動

有酸素運動は呼吸を意識して行う運動法のことで、無酸素運動と違い内側の筋肉を鍛えて内臓脂肪を減らしてくれます。
体幹を鍛えて内側から脂肪を減らすので、だらしない体を引き締めることに期待できるのです。
では、自宅で出来る有酸素運動にはどのようなものがあるのでしょうか。

・ステッパー、踏み台昇降
女性に人気のステッパーと踏み台昇降ですが、もちろん男性にも効果があります。
「楽そう」というイメージで、効果を期待出来ないと思う方もいるかも知れません。
しかし、階段の上り下りで息切れをする・立ちしゃがみがスムーズじゃない方にとってはとても辛い運動になるはずです。
下半身の筋肉を非常に使うので、最初から重い負荷で行うと腰やひざを痛める可能性があります。
使用法、運動法には十分気を使い、徐々に慣れていきましょう。

・スクワット
スクワットは、主に足・腰回りの筋肉を多く使います。
筋トレにもなりますし、呼吸を意識して行うことで効率的に内臓脂肪を燃やせるので代謝も上がります。
背筋を伸ばし、なるべく体をまっすぐ伸ばしながら運動することを心掛けると効果が出やすいです。
呼吸は動きと連携するように、リズムを意識して行うようにして下さい。

・ニートゥーエルボ
名前の通り、立った状態のまま後頭部で手を組み、体を曲げて肘とひざを付けるという運動法です。
これは腹筋を鍛えることに適していて、呼吸を意識して行うことでより内臓の動きが活発になります。
負荷が大きくキツイ運動なので、無理のない範囲で行うようにしましょう。

・エアー縄跳び
縄を使わずに、上下にジャンプする方法です。
一見ただ飛んでいるだけに思えますが、縄跳びは消費カロリーが多いのが特徴。
30分で200kcalも消費することができて、この数値はランニング30分と同等程度の数値なのです。
主に足腰を使いますが、腕を回しながらジャンプすることで全身運動にもなるので、全身の脂肪を燃焼し、痩身に繋がることが期待出来ます。

・ランニングマシーン・エアロバイク
ランニングマシーンとエアロバイクは、本来屋外で行うランニングと自転車を漕ぐ動作を行うことができるのでとてもオススメです。
負荷を自分に合ったものに調節し、適度な室温・湿度の環境で行うようにしましょう。
天候や気温に左右されず行うことができるので、梅雨の時期や冬の室内トレーニングには持ってこいと言えます。

有酸素運動を行う際は、水分補給や柔軟を忘れずに行うようにして下さい。
体内の代謝を上げることも有酸素運動の効果を高める方法の一つです。
体幹を鍛えるには、一度の激しい運動よりも継続して行う有酸素運動の方が効果も出やすく、リバウンドもしません。
自宅で出来る有酸素運動を継続し、引き締まった筋肉質な体を作りましょう。


この記事に共感して頂きましたら、いいねやシェアをお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加