こんな第一印象の男は嫌われる! 好感度セルフチェックリスト

相手に良い意味での興味を抱いてもらうには、第一印象を大切にしたいものです。
もちろん、印象が全てではありません。
しかし、どんなに内面が良い男性でも、第一印象が悪いだけで女性から距離を置かれることもしばしば…。

女性が「この人、感じ悪いな」と思ってしまう男性にはどんな要素があるのでしょうか。

身なりに清潔感がない


不潔な身なりの男性が好きという女性はほぼいないでしょう。
フケや寝癖がついている髪、伸びすぎている爪、目ヤニがつきっぱなしの目、ボサボサの眉毛などは、女性に不快を与えかねません。
この中でも特に、無精ヒゲは「不潔そう」と感じさせてしまう可能性があります。
毎朝大変ではありますが、ヒゲは剃るべきでしょう。
毎回ヒゲを剃るのが面倒だという場合は、メンズエステなどで脱毛するのもひとつの手です。

また、シワシワのスーツや襟元が黄ばんでいるシャツも第一印象を悪くする原因になります。
女性から好感を持たれるよう、清潔感のある身なりを心がけましょう。

肌がテカテカしている


脂ぎった肌は女性を不快にさせます。
吹き出物などで荒れすぎている肌は、不摂生で怠惰な生活を送っている印象を持たれてしまいかねません。
食生活の見直しや、自分の肌に合ったケアを行いましょう。

言葉に気遣いがない


気遣いのない女性が男性から好感を持たれないことと同じで、女性も気遣いのない男性に良い印象を持ちません。
また、感謝の気持ちは思っているだけでは相手には伝わりません。「ありがとう」や「うれしい」と、いう気持ちはしっかり言葉にして伝えましょう。
もし、天候が悪い日に女性と会うならば「天気が悪い中、来てくれてありがとう」など、気遣いのある言葉をかけるようしましょう。
気遣いができれば、優しい男という印象を与えることが出来ますよ。

人の話を聞いていない


周囲に良い印象を与える男性は、自分が喋るばかりでなく相手の意見をよく聞いています。
自分が話し終えた後は相手について尋ねるなど、自分勝手な男だという印象を持たれないように気を遣うことは大切です。
自分の趣味について話したいなら、相手の趣味についても尋ねてみましょう。

人を不快にさせる悪い癖がある


人を不快な気持ちにさせる癖を、人前で披露してはなりません。
断りなく目の前でタバコを吸う、爪を噛む、舌打ちをする、髪を頻繁にいじる、貧乏ゆすりをするなどはついやってしまいがちですが、自分が思う以上に相手は気にしている場合があります。
癖というのは意識していなくても、ふとした瞬間につい出てしまうものです。
普段から注意するにこしたことはありません。

プライベートすぎる質問をする


相手のことを知りたいと思うあまり、つい立ち入った質問をしてしまうことがあります。
相手に仕事について尋ねたとき、収入についてまで質問するのは失礼だと思われることがあります。
出身地についても、都道府県や町名を尋ねるのは一般的ですが、番地まで聞くことはやりすぎです。
相手に「探られている」と、感じさせ警戒されてしまう質問は避けましょう。


この記事に共感して頂きましたら、いいねやシェアをお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加