有酸素運動による脂肪燃焼効果とは?


ダイエットをするのに、まず始めたいのが食事管理、そして運動ですよね。
運動といえば「有酸素運動が脂肪燃焼に最も良い」といわれているようにジョギングやウォーキングなど簡単にはじめることができる運動が人気のようです。
しかし、どのくらい有酸素運動をすると効果的なのか気になりますよね。

有酸素運動はどれくらい行うと脂肪を燃焼するのか


有酸素運動が脂肪を燃焼させるには約20分かかるといわれています。
20分の運動は仕事をしているとなかなか難しいものですよね。
では、なぜ20分もかかってしまうのでしょうか。

有酸素運動を始めると、まずは血液中の糖がエネルギーとして消費されます。
続いて筋肉のグリコーゲンが消費され、それらがなくなると脂肪が消費されるのです。
そこまで到達するのにおよそ20分かかるといわれています。
この燃焼の順番が脂肪燃焼に時間を要する原因です。

有酸素運動は長く続けられるものを選ぶ


運動の習慣がない人が、ジョギングをはじめても長続きはしません。
有酸素運動は、その言葉の通り酸素を取り入れた運動です。
そのため、ぜいぜいと息を切らしてしまっては有酸素運動にはなりません。


また、最低20分は行わないと効果が期待できないため、初心者にはあまりおすすめができません。
そこで、おすすめなのがジョギングではなくウォーキングです。
ウォーキングは誰でも簡単に行うことができ、酸素をしっかり取り込むことができるため、より効果的に脂肪燃焼へと繋がるのです。

効率のよいウォーキング方法とは

ウォーキングといってもただ歩くだけでは効果が期待できません。
歩くときは大またで早歩きを心がけましょう。
足の運び方は、かかとから着地し、つま先で地面を蹴るようなイメージで歩きます。
そして、ひざは伸ばし背筋もピンとしておきましょう。
だらだら歩いていると、ふくらはぎに筋肉がついてしまい、足が太くなる恐れがあります。


正しいウォーキングは、ふくらはぎのポンプ機能を高め、代謝を改善することもできます。
足は「第二の心臓」ともいわれ、血流を心臓にかえすポンプの働きをしています。
しかし、日中デスクワークや立ち仕事をしていると血のめぐりが悪くなり、冷えやむくみを招きます。
そうならないように、通勤の行き帰りや1駅程度の移動はウォーキングをすることがおすすめです。


重要なのは続けることです。
有酸素運動は毎日続けることがポイントです。
仕事の予定などで毎日は難しいという人でも週に3回は行うように心がけましょう。


この記事に共感して頂きましたら、いいねやシェアをお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加