ダイエット中のNGポイント!


「ダイエットをするぞ!」と決めてもなかなか思い通りに体重が減らず、がっかりすることはありませんか?
ダイエットは正しい知識をつけて取り組むことが大切です。
間違った方法で行うと、ダイエットするどころか体重が増加してしまうなんてこともあるのです。

ダイエット中のNGポイントを知り、ダイエット成功へ一歩踏み出しましょう!

食事を抜く


体は1食抜くと、残り2食の食事でカロリーを多く蓄えようとする傾向があります。
また、カロリー消費がもっとも多い朝食を抜くことで太りやすくなるので注意しましょう。
1日のカロリーバランスは朝昼夜の順に減らしていくことがベストです。

仕事や、生活の習慣をなかなか変えられないという人は、夕食にかさ増しレシピを作ったり、ボリュームのあるダイエットメニューにすることを心掛けましょう。

チョコレートを食べない


ダイエットをする際に控える食べ物といえば、甘いものと脂っこいものですよね。
甘いものが好きな人にとってはストレスも溜まりとても苦しい選択ですね。


しかし、チョコレートは血液をやわらかくしてくれる成分や、ミネラルが豊富に入っているので、冷えにも効果的です。
そのため、適量を守って摂取することはむしろおすすめです。

肉と魚を食べない

ダイエットというと敬遠しがちな肉と魚ですが、肉は体を作るのに重要なたんぱく質です。
脂が気になる人は鶏肉や内臓肉、赤身肉で摂取し、揚げ物は控えてグリル調理やテフロン加工のフライパンで調理しましょう。


また、魚は全般的に低カロリーで栄養素が豊富です。
DHAやEPAといった中性脂肪やコレステロールを下げてくれる不飽和脂肪酸を多く含むので、ダイエット中にはおすすめです。

炭酸飲料を飲む

のど越しが良く、すっきりすることから炭酸飲料を好む人も多いです。
「炭酸飲料は水分だから問題ないのでは」と思うかもしれませんが、炭酸飲料には多くの糖質が含まれています。
そのため、多量に摂取すると血糖値が上がり太りやすくなるのです。


ダイエット系の甘味料を使った飲料も同様です。
いくらカロリーゼロだからといって多く摂取すると人工甘味料によってインスリンが多く分泌されます。
インスリンが大量に分泌されるとそれが脂肪となって体内に蓄積されてしまうのです。
そのため、ダイエット中の飲み物はお茶水、ブラックコーヒー、100%のジュースに徹底しましょう。


この記事に共感して頂きましたら、いいねやシェアをお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加