分けて食べるだけ!ダイエットが成功する食事回数とは


痩せたい人がやりがちなのが「1日3食以下に抑える」というダイエット法。

しかし実はそれ、とても効率の悪いダイエット法なのです。
無理なく痩せたいと思うなら、1日の食事回数を増やしたほうがベター。

その理由と、正しいやり方についてご紹介します!

食事回数を増やす方法とは


食事回数を増やすというと「たくさん食べて良いの!?」と期待してしまいますよね。

しかしそれは残念ながら大きな誤解です。
この場合、1日の摂取カロリーはそのままに、回数を分けて食べることを指しています。

例えば1日の摂取カロリーが1500kcalだとしましょう。
普通なら朝・昼・晩の3回の食事で、500kcalずつ摂取します。
食事回数を増やす場合は、1日に5回の食事を行い、300kcalずつ摂取することとなります。
同じカロリーの食事量を小分けにして食べる、というのがこの方法の正しいやり方です。

ダイエットに効果的な理由とは


では、なぜ食事を小分けにした方が良いのでしょうか。
その理由となるメリットはたくさんあります。


まず挙げられるのが「代謝量が上がる」ということ。
私たちは運動中に代謝が上がるように、食事をすることでも代謝量がアップします。
これを食事誘導性熱産生と言うのですが、回数を増やした分、その量も増えるのです。
代謝が上がるということは、エネルギーを消費するということ。
つまり痩せやすい体へと繋がるのです。


次に期待できる効果は「脂肪が蓄積にくくなる」ということ。
こまめに食事を取ることで、体は「エネルギーが十分に足りている」と認識します。
そのためエネルギーを脂肪として蓄えておかなくて良い、と判断するのです。
つまり摂取エネルギーを効率よく消費でき、脂肪を蓄積にくい体を作ってくれるのです。


その他、血糖値が一定に保たれるために「筋肉の減少を防ぐ」という効果も期待できますよ。

1日5~6回がベスト


食事の回数は1日5~6回が理想的で、3~4時間ごとに食事を摂ることとなります。
食事によって上がった代謝が下がるのが食後約3時間後と言われているので、そのタイミングで食べるのがベストなのです。

しかし難しい場合は無理をする必要はありません。
朝昼晩の食事に加えて、午後3時頃にフルーツや軽食を摂るだけでも効果がありますよ。
もちろん、トータルのカロリーは守ってくださいね。

カロリーの摂り方・注意点


トータルの摂取カロリーが守られていれば、全てを平均的に摂る必要はありません。

ただしドカ食いによるカロリーの大きな偏りや、夜遅い食事はNG。
特に午後10時以降に食事をすると、BMAL1という脳内ホルモンの影響で脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。

以上のことに注意して、負担の少ないダイエットを行い、理想のスタイルに近づきましょう!


この記事に共感して頂きましたら、いいねやシェアをお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加