ダイエット中でもOK!禁酒しないノンストレスダイエット


ダイエット中でもっとも気になるのがお酒ではないでしょうか。
ダイエットの大敵ですから、極力控えなければならないのですが、やめられないのが現状です。
わかっているけれどやめられない方はもちろん、仕事上飲む機会の多い方もいることと思います。

でも、実はダイエット中だからといってお酒を我慢しなくても良いのです。
そんな新しいダイエットとお酒の付き合い方について紹介します。

ダイエット中のお酒の選び方について


ダイエット中のお酒選びで一番重要なのが糖質です。
アルコールを体内に入れると、体内ではアルコールを分解する酵素がはたらきます。

この際、アルコールは汗や尿として体外へ排出されますが、糖質は脂肪として蓄積されてしまうのです。

そのうえ、アルコールによって血流が良くなり、胃液が多く分泌されます。
そうすると、胃が空だと認識されてしまい、食欲増進にもつながってしまいます。

そのため、お酒を飲むときは糖質の低いものを選ぶようにしましょう。
ポイントとしては、醸造酒ではなく、蒸留酒を飲むようにしてください。

醸造酒とはビールや日本酒、ワインを指します。
穀物を原料とし、アルコール以外に糖類やたんぱく質が多く含まれています。
そのためカロリーも高く、脂肪として蓄積されやすいのです。

一方、蒸留酒とは焼酎やウィスキーを指します。
これらはアルコール以外にエネルギーが含まれていないため、比較的ダイエットに適しているといえるのです。

飲む前に心がけること



お酒を飲むとどうしても食欲が湧いてきてしまいますし、居酒屋などで飲むとなると高カロリーな食事をする機会が多いと思います。

そのため、朝食と昼食を低カロリーにして1日のカロリーを調節したり、飲み会前に炭水化物で軽い食事をしておくことで暴食を防ぎましょう。

飲み会中に心がけること



アルコールと一緒に水分を摂ることを心がけましょう。
アルコールを分解するには水分が必要です。
そのため、こまめな水分補給でアルコールを分解することが重要になります。

また、豆腐や野菜、魚介類を中心に高カロリーの食材を控えることも大切です。

飲み会後に心がけること


飲んだあとは炭水化物を摂らないよう心がけてください。
アルコールを摂取した後は肝臓がアルコールを分解し血糖値が下がります。
その際に空腹感と似た症状になり、ラーメンやご飯を食べたくなってしまうのですが、実際には空腹状態ではないため、脂肪として吸収されてしまうのです。

ストレス社会で日夜戦っているのですから、気分転換としてお酒を嗜むのは大切です。
我慢してダイエットしてもストレスが溜まるようではリバウンドのリスクも高まります。
今回紹介したポイントを踏まえて、適度にお酒を楽しみながらダイエットを行ってください。


この記事に共感して頂きましたら、いいねやシェアをお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加