女性と同じダイエット法では男性は痩せられない!?


女性誌を見れば必ずダイエットに関する記事がありますし、様々なダイエットのためのグッズやサプリメントも売っています。
でも、男性のダイエットに関する情報は少ないと思いませんか?

しかし、情報が少ないからといって女性向けのダイエット法を採用してもなかなか痩せられません。

なぜかというと女性と男性ではダイエットのやり方が違うからです。
では、女性と男性のダイエットにはどんな違いがあるのでしょうか?

男女は筋肉・脂肪のつきかたが違う


男性と女性は、そもそも身体のつくりが違います。
女性は皮下脂肪がつきやすく筋肉が太くなりにくいのに比べ、男性は皮下脂肪がつきにくく筋肉が太くなりやすいという特徴があります。

男性につきやすいのは皮下脂肪より内臓脂肪

内臓脂肪は落としやすい脂肪なので、女性よりも男性のほうが痩せやすいのです。
そもそも身体のつくりが違うわけですから、同じダイエット法をしても効果の出方に違いがでるのは当たり前ですね。

太る原因は男女共に同じ


太り方は異なりますが、太る原因は男女であまり大きな差はありません。
仕事が忙しく食事をとるタイミングが不規則になってしまったり、高カロリーのものを好んで食べたり、付き合いでお酒の量が増えたりと不摂生が肥満につながっています。


男女で違うところと言えば、ダイエットに対する意識の違い。
常にダイエットのことを考えている女性に比べ、男性は人に「太った?」と言われるまで気づかなかった、なんてこともあるほど、ダイエットに対する意識が低いのです。

男性に効果的なダイエット法【食事編】


男性が痩せるためには、内臓脂肪を減らして筋力をアップさせる必要があります。
まずは乱れた食生活を正しましょう。

夜22時以降は食べない、お酒の量を減らす、よくかんでゆっくり食べるといったことを心がけるだけで、かなりすっきりとしてきます。
できれば自炊が理想ですが、難しいなら野菜がたっぷり入ったメニューを選ぶようにしましょう。
ただし、痩せようとして食事を抜くのは逆効果です。

男性に効果的なダイエット法【運動編】


ウォーキングやランニングなど、基礎的な運動は時間を見つけて続けていきましょう。
腹筋を鍛えるのもエネルギー消費に効果的。
ジムに行くなら、自転車トレーニングや筋トレマシーンもおすすめです。女性だと自転車は太ももがたくましくなってしまうのが嫌で避ける人も多いですが、自転車は非常に効率のいい運動法です。
大事なのは筋肉を足していくイメージで運動を続けることです。

最近ではカロリーや体重を管理できるアプリも出てきていますので、頑張る自信がない人はこういったものに頼るのもいいですね。
まずはダイエットに対する意識をもつところからはじめましょう。


この記事に共感して頂きましたら、いいねやシェアをお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加